2009年 11月 20日

そんな午後に


ヘルシンキ、やっと晴れー


道行く人も
街の空気も
すべてが明るく軽い気がする
ただ、空が青いだけで



ガールズトーク
他愛もないことから深刻な問題まで
笑い合っては遠くを見つめ
話しこんでは静かに息を吐く


きっと生きてくってことはそういうことだから
みんなそう
色んなことを引きずってたり
驚くほど大きな傷を抱えてたりする
ただ言わないだけで
ただ見せないだけで


大きな窓があるいい感じのカフェで
向かい側に座る彼女は
深い悲しみに包まれていたけど
何だかとても綺麗だった
悲しみは、人を透明にするからかもしれない


波瀾万丈、結構結構
真摯な想いは
心の奥をざばざば洗い流し
悩むほどに強く、しなやかになっていくのなら
何て素晴らしいんだろ
何もかもうまくいってしまうなんて
恐ろしくつまらない
苦しいほうがいいんだよね
辛いほうがいいんだよね
そう言って笑い合う午後は
ふんわりやさしい


”七転び八起き”
もっともっと転びそうだけどー


最後に立っていよう
そう思った



f0141420_537825.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-11-20 06:35 |


<< 吐      ふんばる >>