2009年 12月 15日

日々


マイナス10℃、快晴
ヘルシンキに
やっと冬がやって来た


完全防備で外に出たものの
風が強いからたまらない
あんまり冷たくて
ちりちりと痛む頰に思わず手を当てながら歩く
でもー
久しぶりに晴れた明るい色の空は
突き抜けるように高くて
さらさらの真っ白い雪がきらきら光る
綺麗


週4回のくるみ割り人形に少々辟易しながらも
舞台に立てることに感謝だと
自分を叱咤激励し、少しでも向上すべく神経を張りつめる
そんな現実から逃げるように本の世界に浸り
また現実に戻っては同僚の愚痴を聞き不安を聞き
後輩の涙をぬぐってもやる
心は遠い日本の友人たちに想いを馳せ
元気を養うべく身体が喜ぶものを食し
妹との長電話に癒される
規律を乱すことなく流れゆく師走の日々


そしてそんな淡々とした毎日の中に
実はそれはそれは素敵な出逢いがあったりもして
ものすごく気の合いそうな予感のしたその人と
ものすごく自然に仲良くなって
心の、尖ってしまったり弱ってしまってるような部分を
削ったり温めたりしていけるような人間関係に
すごくワクワクしてたりもする


ああ、
そして今日も終わって行く




f0141420_7161210.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-12-15 06:26 |


<< なす      こんな日には >>