2009年 12月 31日

霧のむこうに


ここ数ヶ月
人間模様の大波小波に振り回された感がある
素敵なことも、喜ばしいことも、悲しいことも
くだらないことも、取るに足らないことも
信じられないような、信じたくないようなことまで
それはそれは目まぐるしく起こってしまったから
不必要なくらいに揺さぶられ、引きずられ、動揺した
その度に自分の色んなことと重ね合わせては
熱くなったり、苦しくなったり、うっとりしたり、同情したり、ほっとしたり
振れ幅がいちいち大きくて参った


持っていないものに恋い焦がれ
足りないものを埋めようとする
認められたいとか、愛されたいとか色んな表現があるけど
誰もが持つこころの奥底にある想いの根本は
幸せでありたいー 、という
きっとものすごくシンプルなもののはずなのに
想いが形を変えるとき
それはものすごい力をもって
誰かを心から微笑ませたり、国境を越えて溜息をつかせたりする
そしてそんな事実に
大いに翻弄される自分


世の中の不確かさを痛過ぎるほど強く感じながら
足りないものって何なんだろ
大切なものって何なんだろ
守るべきものって何なんだろ
考え始めたら何だか急に切なくなって、やるせなくなって、淋しくなって
困ってしまった


でも、今日仕事が終わって外へ出たら
この数日間の気温上昇ですっかりびじゃびじゃの灰色に変わり果ててしまった雪が
まるで魔法のようにまた真っ白くなっていて
思わずわあっと声が出た
まだ深々と降り続ける雪を見上げながら歩みを進めるうちに
ゆっくりと心が定まっていく
同じ景色なのに、こんなに違って見えるとはー
と思った途端にはっとする


不確かだからもっと大切に出来るんじゃないか
永遠じゃないからうんと尊く思えるんじゃないか


そうだ、
ごまかしたりしないで
ちゃんと自分と向き合う勇気さえあれば怖がらなくていい
足りないことも、大切なことも、守るべきものも、幸せも
全部自分の心が決めるんだから
何度もはっとして、その度に立て直して行けばいいじゃないか
そうして日々を大切に紡いで行けば
きっと後悔しない


踊れることに感謝しながら
大切な人達の愛に感謝しながら
2009年を締めくくる



f0141420_358442.jpg

Photo by Ken Takeyama
[PR]

by makikirjonen | 2009-12-31 04:50 |


<< 2010年      水戸バレエのみんなへ >>