2007年 10月 19日

カウントダウン

眠りも浅く、毎朝起きるのに大奮闘。
寝た気がしない。

朝の稽古、バーレッスン終了後に先生に呼ばれる。
今日はファーストキャストのジェネラルリハーサル。
さて、誰が踊るんだろ。
指名されたのは、私、だった...


もう一人のミルタ、アナスタシアはとうとう泣き出しちゃった。
張りつめた糸が、切れた。


いつもだったら、稽古が始まる前に準備するのにね。
分からなかったんだもの、どうしようもない。
リハーサル開始まで、あと30分。
第1幕は約45分、休憩30分。
出番まで1時間とちょっと。

時間ないじゃん...

しょうがないので、センターレッスンは受けずに準備にかかる。
化粧と、頭。
いつも化粧してくれる人が、今日はお休み。
嫌な予感はしてたけど...やっぱり。
鼻筋がやけにくっきり、おでこは、でこりん。
頭もイマイチ。
そんな事で気分も凹む。


とにかく心を無にして、舞台を務めることにだけ意識を集中させる。
いつ踊る事になっても、これが本番前のラストチャンスなんだから。
昨日出来なかった事
注意された事
場所取り
照明
もしも音楽がゆっくりだった時の対処の仕方...

必要なのは、全てをコントロールすること。
踊りも、意思も、感情さえも。

逃げ出したいような気持ちを押しやるように
ゆっくり息を吐き出してみる。


午後からは、セカンドキャストの舞台リハーサル。
客観的に、どんな舞台空間なのか把握しておきたくて、客席へ。
踊っていると、真っ暗で何も見えないのに
思ったより舞台は明るい!
ありゃ〜、丸見えだ。
人の舞台を見る事は、本当に勉強になる。
アナスタシア...頑張っていたけど
彼女の心の動揺が見えて、こっちまで緊張してしまう。


終了後、また泣いちゃった。
とにかく彼女を抱きしめる・・・
私は泣かない、こういう状況で泣くのは厳禁。
感情的になったら、自分に負ける。
舞台に立つのは自分。
誰も助けてくれない、いい訳もできない。
だから強気でいないと駄目。

猿もおだてりゃ木に登る
って言うでしょ?


先に帰宅してたユハが、ナスと迎えに来てくれた。
心遣いが温かくて、ほっとする。
時々、劇場の世界にどっぷりと浸かっては
息が出来なくなる。

宇宙からズームイン、
地球ーヨーロッパー北欧ーフィンランドーヘルシンキーオペラハウス
こんな小さな世界で起こってる出来事なんだよね。


はっとするほど綺麗な夕焼けに
心も少し軽くなる。


夜、先生からの電話。
ファーストキャストだと告げられる。
監督も、先生も、シルヴイの前では何も出来ずに困っていたらしい。
だから決まった直後に、電話をくれた。

知りたかったのに、
分かっても気持ちは晴れず。
それどころか、もっとプレッシャー・・・

明日はセカンドキャストのジェネラル。
少し身体を休められる。
今日の舞台の反省、そしてまた、考える。


あと2日。






あんまりいい写真じゃないけど、雰囲気は分かるでしょう。
f0141420_3452362.jpg
f0141420_3461839.jpg
f0141420_346584.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2007-10-19 04:18 |


<< 舞台人      まだまだ >>