DANCING FOR DREAMS /水戸バレエ研究所、そしてフィンランド国立バレエ団へ

makijuha.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 30日

浮き世の仕組み

鬼平犯科帳、熟読中☆

只今、第15巻に突入。
鬼の平蔵こと、長谷川平蔵、


素敵♡



人が何か仕出かすことは
必ず、何らかの結果をまねくことなのだ
当たり前のことだがね



と、平蔵は親友の岸井左馬之助にいう。
なれど、


その当たり前のことを
人という生きものは
なかなかに、のみこめぬものなのさ。
このおれもそうだが・・・



しかし、そのあとに続くのは、


のみこめていりゃあ
人の苦労もねえわけだが・・・



とわざと伝法な口調であり


そのかわり、
つまらねえ世の中になってしまうだろうよ




人という生きものは とか
女という生きものは とか
平蔵はよく言う。

人という生きものを、
深くひろく見ることの出来る、その目と、その勘。

そんな魅力にずるずると引きずられて
本を閉じることの出来ない私。

浮き世の仕組みを憶う。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-30 03:41 |


<< 愛すべき      Day OFF 2 >>