2007年 11月 22日

カルメン

昨日は、オペラ”カルメン”を観に行った。

このヴァージョン、作品としてはあまり好みじゃなかった。
主要なキャラクターの歌手達もイマイチで、ちょっと残念。
ついでにカルメンが、1幕で転倒、腕を負傷するアクシデントまで!
休憩後、腕を布で吊った状態で最後まで歌った。
大事に至らない事を願って...

でも、バリトンの脇役達が良かった!
今度は違うキャストの時にまた行きたいな。


情熱、愛、誘惑、裏切り、そして死ー


ビゼーの音楽に揺られた3時間。
ホセの切々たる愛の歌に
愛情の真の姿に思いを馳せ、その苦しみに共感する。
カルメンと対照的なミカエラ、彼女のアリアは清く美しいのに、
破滅的だけど、自由奔放なカルメンに惹かれる自分が居る。
ボタンの掛け違いのような図式。
悲劇を生んでいくのを止められない、愛。


退屈だが平和な人生と
短くても、情熱のほとばしる破滅的な人生。


私はどちらを選んだろう?
[PR]

by makikirjonen | 2007-11-22 23:33 |


<< モーリス・ベジャール      さようならは言わない >>