2008年 02月 20日

誕生日


ヘルシンキ、朝起きたら突然"冬"だった
しんしんと降り続く雪
冷たいけど、でもとても綺麗


今日はパパの誕生日


日本を離れてから
一度も一緒に祝ったことがなかったっけ
いつも電話だったなあ


2年ちょっと前の写真をふいに見つけて
懐かしくなった
兵庫で仕事をした時のこと
なかなか会えない娘だから
帰国するってなったら、日本中どこだって駆けつける

で、水戸からはるばる車で来ちゃったうちの家族
公共機関を利用することさえも難しかったパパの身体
だから車、水戸ー神戸!
信じられない距離なのに...

今思えば、あれがパパにとって最後の遠出になった


f0141420_21501584.jpg



舞台の前に食べたランチ
お寿司屋さん
メニューなんかよく見た試しがないパパ
お行儀悪く膝を立てて
遅いって文句言って


ありふれた日常の一瞬


2年という時を経た今
写真を通して蘇るその鮮明な記憶は
とても優しい

一瞬に凝縮された
でももう二度と戻らない
平和で幸福だったはずの時が
写真の中にあって

そしてそれは
いつか自分がいなくなっても
ずっと存在していくのかと思ったら
何だかとても複雑な気持ちになった



パパが愛したビートルズ
ご供養だと思ってかけてみた
ゆっくり心に染み渡る

ビートルズを聴くと落ちついちゃう自分に
可笑しくなる
幼い頃から繰り返し繰り返し
いつだって流れてた

日曜の朝
香ばしいコーヒーの香りとビートルズ
私にとっては
幸福と平和の象徴みたいなもの


パパが残して行った
面影達

[PR]

by makikirjonen | 2008-02-20 22:46 |


<< 光の中で      Tallinn 〜タリン〜 ... >>