DANCING FOR DREAMS /水戸バレエ研究所、そしてフィンランド国立バレエ団へ

makijuha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:心( 89 )


2009年 12月 31日

霧のむこうに


ここ数ヶ月
人間模様の大波小波に振り回された感がある
素敵なことも、喜ばしいことも、悲しいことも
くだらないことも、取るに足らないことも
信じられないような、信じたくないようなことまで
それはそれは目まぐるしく起こってしまったから
不必要なくらいに揺さぶられ、引きずられ、動揺した
その度に自分の色んなことと重ね合わせては
熱くなったり、苦しくなったり、うっとりしたり、同情したり、ほっとしたり
振れ幅がいちいち大きくて参った


持っていないものに恋い焦がれ
足りないものを埋めようとする
認められたいとか、愛されたいとか色んな表現があるけど
誰もが持つこころの奥底にある想いの根本は
幸せでありたいー 、という
きっとものすごくシンプルなもののはずなのに
想いが形を変えるとき
それはものすごい力をもって
誰かを心から微笑ませたり、国境を越えて溜息をつかせたりする
そしてそんな事実に
大いに翻弄される自分


世の中の不確かさを痛過ぎるほど強く感じながら
足りないものって何なんだろ
大切なものって何なんだろ
守るべきものって何なんだろ
考え始めたら何だか急に切なくなって、やるせなくなって、淋しくなって
困ってしまった


でも、今日仕事が終わって外へ出たら
この数日間の気温上昇ですっかりびじゃびじゃの灰色に変わり果ててしまった雪が
まるで魔法のようにまた真っ白くなっていて
思わずわあっと声が出た
まだ深々と降り続ける雪を見上げながら歩みを進めるうちに
ゆっくりと心が定まっていく
同じ景色なのに、こんなに違って見えるとはー
と思った途端にはっとする


不確かだからもっと大切に出来るんじゃないか
永遠じゃないからうんと尊く思えるんじゃないか


そうだ、
ごまかしたりしないで
ちゃんと自分と向き合う勇気さえあれば怖がらなくていい
足りないことも、大切なことも、守るべきものも、幸せも
全部自分の心が決めるんだから
何度もはっとして、その度に立て直して行けばいいじゃないか
そうして日々を大切に紡いで行けば
きっと後悔しない


踊れることに感謝しながら
大切な人達の愛に感謝しながら
2009年を締めくくる



f0141420_358442.jpg

Photo by Ken Takeyama
[PR]

by makikirjonen | 2009-12-31 04:50 |
2009年 12月 09日

こんな日には


”その先がどうこうではなく
        意思のある選択が人生を創る”



なるほどー
そうかもしれない
本番のない夜はゆったりとリラックス
ちらりと開いた本にあった一節で
思考が、飛んだ


自分のこと、同僚のこと、親友のこと
それぞれの抱え込んだ不安や
否応無しに引き込まれゆく波や
溢れんばかりの情熱や
絶望的な現実や、それでも捨て切れない希望やら
生きていくということの意味を考え出してしまったら
何だかものすごく息苦しくなって
でも同時にものすごく愛おしくもなって


すごく疲れた


それでも
人生が愛おしいー
今そう思える自分にほっとする
そうしたら
急に旅に出たくなった




f0141420_616733.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-12-09 06:21 |
2009年 11月 20日

そんな午後に


ヘルシンキ、やっと晴れー


道行く人も
街の空気も
すべてが明るく軽い気がする
ただ、空が青いだけで



ガールズトーク
他愛もないことから深刻な問題まで
笑い合っては遠くを見つめ
話しこんでは静かに息を吐く


きっと生きてくってことはそういうことだから
みんなそう
色んなことを引きずってたり
驚くほど大きな傷を抱えてたりする
ただ言わないだけで
ただ見せないだけで


大きな窓があるいい感じのカフェで
向かい側に座る彼女は
深い悲しみに包まれていたけど
何だかとても綺麗だった
悲しみは、人を透明にするからかもしれない


波瀾万丈、結構結構
真摯な想いは
心の奥をざばざば洗い流し
悩むほどに強く、しなやかになっていくのなら
何て素晴らしいんだろ
何もかもうまくいってしまうなんて
恐ろしくつまらない
苦しいほうがいいんだよね
辛いほうがいいんだよね
そう言って笑い合う午後は
ふんわりやさしい


”七転び八起き”
もっともっと転びそうだけどー


最後に立っていよう
そう思った



f0141420_537825.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-11-20 06:35 |
2009年 11月 17日

ふんばる


いつも朗らかになんか
生きていけるはずもないけれど


どこまで受け入れて
どこまで我慢したらいいのかな
どこまでが謙虚さで
どこからが主張なんだろ
色んなことは
重なって起こるもの
まるで打たれ強さを試されるように


こんな時こそ初心に戻れと言い聞かせる
人と比べるんじゃない
越えるべき相手は
自分自身だということを
そう、無駄な時間なんてないはずだ


現実から目を背けない
すべては、自分のためじゃないか



f0141420_3125847.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-11-17 03:19 |
2009年 11月 14日

11月13日


大切な人と
もう話すことが出来なくなった日
あの日は
雪が降っていたな


あらためて時の流れを感じては
あらためて思い出し
あらためて感じなおす
今日はそんな作業を繰り返す日
辿り着くところは
いつも同じだけど


粕谷先生
貴方に見てもらいたい舞台が
聞いてもらいたい話が
沢山沢山あるんですよ
あの日を境に
話せなくなってしまったけど
変わらずに、一緒に踊ってる


目に浮かぶ先生は
いつだって
まんまるの顔を優しくほころばせてる
会えないけど
話もできないけど
絶対に見ていてくださいよ
ちゃんと見守っていてくださいよ


祈るように、願う



f0141420_2585590.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-11-14 03:28 |
2009年 11月 09日

離婚


分かってあげたくて
分かってもらいたくて
その全てを包んであげたくて
そして受けとめてもらいたくて


たとえー
世界で何が起こっていても
どんな激しい荒波にもまれても
帰って行ける安全な場所
自分以外の誰かを一番に考える
だからそこは
いつだって優しくて温かくて
泣いてても、笑ってても
どんな時も安心出来るところ


たまらなく幸福な日だまりの時も
痛みに引き裂かれてしまいそうな夜も
ただ側に居てくれるだけで
静かに抱きしめ合うだけで
生きていることに
そっと感謝出来るような


人生を歩んでいくという事は
決して簡単じゃないから
過ぎ行く時が
たとえば自分を、周りを、世界中の色んなことを変えて行ったとしても
夫婦であること
それは深まって行くべき絆


日本で、フィンランドで、生涯を約束したこと
笑って一緒に過ごしたこと、体当たりの喧嘩に涙したこと
不安な心を、剥き出しの痛みを、必死で受けとめたこと
色んな色の時間を供にしてきた9年間
そして、こうして離婚を選択したこと
全て本物、全部全部本物


もう話せないほど話して
もう悩めないほど悩んで
もう泣けないほど泣いて
もう伝えられないほど伝えて
息切れするくらいに走り続けてきたから
それでもいつだって懸命に生きたから
もう前を見よう


すべてが財産、すべてが宝物
今を、そしてこれからを生きていくための
色んな色の世界を見せてくれた
そのすべてに



ありがとう




f0141420_512761.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-11-09 05:13 |
2009年 10月 30日

雨のち晴れ


やっと晴れた
正確には
雨じゃなかった、ということだけど


舞台の帰り
輝く月を見上げながら
鼻歌まじりに自転車帰宅
それにしても、寒い


当たり前のことを
大切にしなきゃ
そんなことを憶う


f0141420_621217.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-10-30 06:04 |
2009年 10月 17日

1週間


ぐっと気温が下がった
一瞬だったけど雪も降ったし
朝はマイナスになったりする


ネットが繋がらない日々は
不便の一言
最初はやきもきしたけれど
慣れてしまえば案外平気なもので
それどころか
有意義だったりした



そう、
どんなことにも慣れて行くんだー



帰宅後は
ずっとずっと本を読んでた
それが一番良いことのように思えたし
実際それは正しい選択だった
昼間の間に抱え込んだ色んなものを
本の世界は癒してくれる
必要以上に引きずりまわされないでいいように
いい感じの距離を保てるように



来週金曜初日の白鳥の湖は
史上最大級のごちゃごちゃ
みんなものすごく苛立ってる
今週は、毎日舞台で通し稽古
まだ全然そんな段階じゃないのに
舞台で振付けを覚える
そんな繰り返し



ああ
週末までもう少しだ



f0141420_356892.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-10-17 04:18 |
2009年 10月 09日

ゆれうごく


ヘルシンキ
嵐かと思えば、ものの5分で青空が広がったりする
季節の変わり目
気持ちは天気と一緒に
上がったり下がったり


笑い飛ばしてしまえそうな時も
もう悲しいくらい絶望的な時も
戦う相手は自分だってこと
見失ってはいけないものを
慌てて抱きしめてみる


分かっているのに
ぐらぐらするのね


そんなこんなの繰り返し、だな



f0141420_3515685.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-10-09 04:02 |
2009年 10月 04日

目を、とじてみる


オフの日ー
どっぷりと本の世界に入り込む
村上春樹、1Q84
後半、一気に読み飛ばす


読み終えたばかりの本の世界から抜け切れず
ゆっくり、目を閉じる
仮説の中に現実があり
現実の中に仮説がある
そして、今に続く過去は変わらない


本の魔法は
意識的に放っておいた
心の奥底の闇を引きずり出した
そして静かに扉を開け放つ


世の中には
例えそれをどんなに望んだとしても
どんなに頑張ったとしても
手に入らないものがある
それだけは確かだ
手に入らないものを認識することも
失ったものを憶うことも
意識的にする必要がある
でも、怖がらなくていい
それらについて
もうそれ以上の何かを失うことはないのだから
過ぎてしまった時間は
形を変え、色を変える
変わりゆく自分の心で見る過去は
いつも同じとは限らない
だからそれに怯えることはない


まだ明るい空
ぼんやりする頭で
思いっきり手足を伸ばしてみる
自分が自分であることを確認するみたいに


ああ、
色んなものを抱えて、背負って、生きていく
それはなんて苦しくて切ないんだろう
でも同時に
なんて尊くて
なんて愛おしいんだろう



f0141420_2137611.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-10-04 22:29 |