DANCING FOR DREAMS /水戸バレエ研究所、そしてフィンランド国立バレエ団へ

makijuha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:美( 21 )


2009年 08月 17日

ヘルシンキマラソン


本格的なこのマラソン
もちろん42.195km
海外から、日本からの参加者も!
f0141420_326056.jpg



日本の国旗に色んな人が反応
”こんにちわ”
”ヤマハ、スズキ〜”
みんな以外とお茶目さん
f0141420_3263120.jpg



こんな人まで!
f0141420_327936.jpg



菅野夫妻ー
この日のために走り込んでいた2人の姿を見つけるべく
地図を片手に、街中横断
知ってる人が出ているというだけで
こんなにワクワクするなんて
実際、それぞれの姿を目にした瞬間
かなりテンションアップ!
何だかすごく嬉しくなって
大きく手を振りながら、ぴょんぴょん飛び跳ねる


応援に駆けつけた友人達と合流
応援団結成!
ねあちゃんも応援、大きくなったねっ
f0141420_4164464.jpg

f0141420_4184430.jpg



立ち寄ったキアスマ美術館のカフェ
子供椅子までおしゃれだから
ついつい写真に
f0141420_420969.jpg

こんな可愛いマグには、思わず笑っちゃうよね
f0141420_4204064.jpg



おしゃべりに花、花、花
異国で温めたこの関係
バレエとは全く関係のない世界に生きるみんなは
ただただ自然で、やさしい
自分には
それがとっても眩しくて




ーそんな間も
   走り続けていた菅野夫妻ー


ゴール近くは
走ってる人みんなに頑張れと叫びたいような
不思議な感動に包まれた空間
頑張ってる姿は
きっとどんな人の心にも響くんだろうね
みんなが、みんなを応援する


そして、
2人とも完走!
疲労の見える顔に浮かんだ笑顔は、極上スマイル
もう歩けないんです、と言う顔さえも
満たされて見えたよ
見ているだけでこんなに感動するというのに
一体どんな達成感なんだろう


f0141420_4505975.jpg
f0141420_4511610.jpg



ほんわりな午後は、穏やかに過ぎて
疲れた身体にも
エネルギーが湧いて来る
そんな感じ


菅野夫妻、お疲れさまでした!
その挑戦魂、圧巻です


いっぱいの感動をありがとう
[PR]

by makikirjonen | 2009-08-17 05:18 |
2009年 03月 05日


ため息がでる

その鍛えられた肉体の
さりげない美しさに


f0141420_4503067.jpg
f0141420_4504692.jpg
f0141420_451254.jpg



黒鳥の方は、オランダ学校時代の後輩
シュツットガルトバレエ団在籍


世の中の美しさを
沢山見て生きよう
[PR]

by makikirjonen | 2009-03-05 04:57 |
2009年 02月 06日

衣裳


今日は、今月末から始まる
トリプルプログラムの衣装合わせ


"Le tableau perdu (The Lost Painting)"は
シックな黒を基調にしたチュチュ
デザイナーさんはEmma Ryott
今日はデザイナー本人が立ち会ってのフイッテイング


劇場専属の衣装さん達は
気持ちのいい人達ばかりだけど
衣装の直しについては
私が言わない限り、もっぱら受け身の姿勢


それが、Emmaは違った
胴が長い私、
出来るだけ足が長く見えるようにボデイを短くしたり
首や腕が長く見えるように
胸のカットや袖ぐりを次々と直して行く
私の身体が一番綺麗に見えるように
そして何よりも動きやすいように
細かい細かい指示を出していく


こだわりを持つということ
妥協しないということ
仕事への姿勢
プロフェッショナルとは
そういうことなんじゃないだろうか


こんな素晴らしいスタッフに支えられて
舞台という光の中に立つ自分
背筋がピンとするような
そんな気がした
[PR]

by makikirjonen | 2009-02-06 06:43 |
2008年 12月 24日

クリスマス


貴方にそっとお願いしたこと
きっと届けてくれるよね


f0141420_1856968.jpg



Very Merry Christmas to everyone!
[PR]

by makikirjonen | 2008-12-24 18:57 |
2008年 08月 02日

おだやかに


今週の朝の稽古は、新監督が指導

これがまたえらく熱い!

ケネスのエネルギーに引っぱられ
巧みにのせられて
踊らされる071.gif


身体は重いけど、楽しい!


心地よく疲労
筋肉の存在を感じながら
午後はゆったり


f0141420_4551196.jpg


f0141420_455353.jpg


f0141420_4562137.jpg



心が静まっていく
[PR]

by makikirjonen | 2008-08-02 05:02 |
2008年 07月 19日

海の底


沖縄!



f0141420_1329473.jpg




目的は、ダイビング!
実は先週伊豆で体験済み〜
二回目の今回は、余裕を持って楽しむ事が出来ました


真栄田岬にて


f0141420_13341354.jpg

                            

f0141420_13381429.jpg




そこは別世界
色とりどりの魚が自由に泳ぎ回る
どこまでも続いて行くような海の底
吸い込まれるような感覚に襲われて
恐くなる


聞こえるのは
自分の呼吸だけ


水に溶けてしまったみたいに
身体が軽い


何もかもをを忘れて
目の前に広がる世界に没頭する
地上で引きずるその全ては
何の意味も成さない
ただ、自分自身であればいい


f0141420_1482478.jpg




本当はそれさえも
確かじゃないのかもしれなかった
そこは
そもそも人間である事に
意味がない世界なのだから
[PR]

by makikirjonen | 2008-07-19 14:12 |
2008年 06月 06日

智恵子抄


北欧の更けない夜
12時になっても薄明るい
夏至まで、日は更に延び続ける


外国暮らし
否応無しに、私を活字に貪欲にさせた
やっぱり日本語が恋しくて
毎夏必ず行くのは古本屋さん
買い込んでは、海の向こうへと送る


捨てたり、あげたり
でも、やっぱり随分な量
真夜中に始めた本の整理は
ほこりをかぶっていた思い出を手に取るような
そんな作業になった


”智恵子抄”


この本を読み返していたのは何年前だったろう
高村光太郎と、智恵子の愛
光太郎の詩、智恵子の切り絵


2人の出逢いは
偶然でありながら必然であり
その愛はただひたすらに美しい
ひたむきで真摯な愛に
感嘆した


当時は、その愛の深さに心を打たれたことを思い出す
二人の愛が紡がれていくのを
二人の愛の深さが語られるのを
愛することのみを目的とした愛に惹かれた


読み返した詩集
今の私の心に触れたのは
むしろ狂気した智恵子への
光太郎の変わらぬ愛と絶望だった
浄化された愛は
哀しみの分だけ更に美しい





  山麓の二人

二つに裂けて傾く磐梯山の裏山は
険しく八月の頭上の空に目をみはり
裾野とほく靡(なび)いて波うち
芒(すすき)ぼうぼうと人をうづめる
半ば狂へる妻は草を藉(し)いて坐し
わたくしの手に重くもたれて
泣きやまぬ童女のやうに慟哭(どうこく)する
――わたしもうぢき駄目になる
意識を襲ふ宿命の鬼にさらはれて
のがれる途(みち)無き魂との別離
その不可抗の予感
――わたしもうぢき駄目になる
涙にぬれた手に山風が冷たく触れる
わたくしは黙つて妻の姿に見入る
意識の境から最後にふり返つて
わたくしに縋(すが)る
この妻をとりもどすすべが今は世に無い
わたくしの心はこの時二つに裂けて脱落し
闃(げき)として二人をつつむこの天地と一つになつた。

昭和一三・六

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  亡き人に

雀はあなたのやうに夜明けにおきて窓を叩く
枕頭(ちんとう)のグロキシニヤはあなたのやうに黙つて咲く

朝風は人のやうに私の五体をめざまし
あなたの香りは午前五時の寝部屋に涼しい

私は白いシイツをはねて腕をのばし
夏の朝日にあなたのほほゑみを迎へる

今日が何であるかをあなたはささやく
権威あるもののやうにあなたは立つ

私はあなたの子供となり
あなたは私のうら若い母となる

あなたはまだゐる其処(そこ)にゐる
あなたは万物となつて私に満ちる

私はあなたの愛に値しないと思ふけれど
あなたの愛は一切を無視して私をつつむ



f0141420_2157315.jpg









時を重ねて
再びこの本を手にするとき
自分はどう感じるのだろう
どう変わっているのだろう
[PR]

by makikirjonen | 2008-06-06 22:22 |
2008年 06月 05日

北欧の夏


夏休み!


でも結局毎朝劇場へ
ストレスのない稽古は楽しくて
結局は踊ってる(笑)
身体を動かすのは本当に気持ちがいい


帰国まであと2週間弱
それまでは毎日稽古するつもり



トレーニング後の
平和な昼下がり
丘の上でアイスクリームを食べた


太陽の下
木々の緑は眩しいくらいに輝く
夏を憶わせる風が
洗いたての髪を優しくを揺らす


アイスクリームの甘さに身を任せ
しばし無になる


穏やかな時
不意にものすごい幸福を感じて
溜息をついた


溜息と一緒に消えてしまいそうな幸福を
急いで胸に刻む
存在することの意味
幸せの意味


見上げれば
太陽は相変わらず燦々と輝く


この地球の美しさを
出来るだけ沢山感じて生きていきたいと願う



[PR]

by makikirjonen | 2008-06-05 03:58 |
2008年 04月 21日

Spring


ヘルシンキ、ついに晴れた!

疲れもたまっていて
本当だったらダラダラモードで過ごすオフの日も
抜けるような青空に負けて外出


ゆっくり流れる時間が
あまりにも平和で優しくて
次々と溢れる色んな感情に押しつぶされてしまわないように
ただ今という瞬間に集中する


生きていることが
ただここに、こうして存在することが
どんなに素晴らしいことかって


北国の春の訪れは
いつだって突然なような気がする



f0141420_5241657.jpg




白樺の木
青空の下ではいっそう白く美しく



f0141420_5261625.jpg





道行く人もにこやかなのは
この青空のせいだろう




f0141420_5364380.jpg





ヘルシンキ、8度目の春は
いつもより心に染み渡る
[PR]

by makikirjonen | 2008-04-21 05:39 |
2008年 04月 11日

兆し


ヘルシンキ、晴れ

気温はまだ低いけど
久しぶりの青空
ただそれだけで嬉しくなる

鳥の歌声に耳を傾けながら
森を歩く

春の兆しを探して



f0141420_5172323.jpg




明日は、ジェネラルリハーサル
[PR]

by makikirjonen | 2008-04-11 05:19 |