DANCING FOR DREAMS /水戸バレエ研究所、そしてフィンランド国立バレエ団へ

makijuha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:喜( 32 )


2009年 08月 26日

50歳


首席バレエマスター
イングリッドの50回目の誕生日
リハーサル終了後
VIPルームにてお祝いの乾杯


彼女なしでは
バレエ団が動かないくらいの強者
彼女と稽古すると
結局一番安心して舞台に上がれる
それだけ厳しいってことだけど、ね


このバヤデールも
彼女の支えは大きい
マカロワがガンガン飛ばす矢を
真っ正面から受けて動けなくなってしまう私の
背中を叩き、お尻を叩き
彼女なしでは
不安も数倍だろうな...


張りつめた一日の後
束の間のリラックスタイム
涙ばかりの最近
久しぶりに朗らかな、みんなの笑顔



イングリッド
お誕生日おめでとう!



ウンジー、イングリッド、徹
f0141420_3235187.jpg


麻衣&ヤルコ
f0141420_324152.jpg


ペテイア
f0141420_3244176.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-08-26 03:35 |
2009年 06月 15日

London


Holiday!

The festival in Kuopio was successful.
My season had done!
No injury no sickness, GREAT!!!

Now I'm in London and will stay a few more days before flying to Tokyo.
Enjoy fully every single moment!

Life is beautiful...
It's all up to us,isn't it?

Maki
[PR]

by makikirjonen | 2009-06-15 06:22 |
2009年 03月 18日

契約


終身雇用
今日ついに契約書にサインをした


オペラハウス総裁のパイヴィと
バレエ団芸術監督ケネスとに
何だか大袈裟に祝福され
固く握手まで交わして契約完了


皆から盛大に祝福されるほど
感慨深い訳ではないのが正直なところだけど
不景気の世の中にて
北欧のしっかりとした制度に守られ
尚かつ好きなことが出来るというのは
改めて幸運なことだと思う


長い長い道のりを
ここまで歩き続けることが出来たのも
そして更に遠くを目指す自分が在れるのも
家族と、そして愛すべき人々の激励が故


そんなすべてに感謝しながら
この幸運を静かに抱き寄せてみる
毎日踊って生きて行くなんて
途方もないような夢だったのにね
それが保証されたなんて信じ難い
不思議な感じ


この吉報を
誰よりも喜んでくれたであろう恩師は
きっとまんまるの顔に
満面の笑みを浮かべているに違いなく

先生は、何て言うだろうー




定年まで踊れるかなんて分からない
先のことなんて分かるはずない
出来るのは
一つ一つの舞台を
確実に踊り切ることの積み重ね


廻り行く季節の中
一日一日
自分と真摯に向き合う
ただその繰り返し


f0141420_6261543.jpg
f0141420_6262035.jpg
f0141420_6264654.jpg
f0141420_627594.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-03-18 07:03 |
2009年 02月 14日

運命


友人からの久しぶりのメールは
幸せ一杯の結婚報告
しかも新しい命まで


あんまりびっくりしたのと
嬉しかったのとで
涙が出てきた
だって、いつも一生懸命に生きている彼女は
幸せになるべき人だから


例えば
100人に聞いて
100人が否定するような恋でもかまわない
自分がそれでいいのなら
それでも笑うことが出来るなら
例え歪んだ愛でさえも
だって幸せの形は
自分が決める


先のことが分かっていたら
もっと楽に行けたかもしれないね
出口の見えない迷路のような毎日も
力強く生きようとしてきた彼女
これでいいんだと
これでいいはずだと
何度も何度も言い聞かせて


悪いのは自分なんだと
理解してあげなくてはならないと
包み込んであげなきゃいけないと
自分ばかりを変えようとした
泣きながら前を向こうとした
そんな彼女を、知ってる


新しい扉は、実はいつもそこにあって
見つけようとするか
そして開けようとするか
決めるのは自分
そして彼女は、扉を開けた


温かかったはずの場所から舞い上がる
思い出の全てと一緒に
背負っているものの重みに
失うということの痛みに
押しつぶされてしまいそうになりながら
それでも飛んだ
泣きながら、飛んだ


そして今
溢れるような本当の幸せに抱かれて
きっと笑っているだろう彼女を想うと
ため息がでるくらい嬉しくて


心からおめでとう
本当に本当に、よかったね


f0141420_5241269.jpg



運命って言葉
信じてもいいのかな
[PR]

by makikirjonen | 2009-02-14 05:46 |
2008年 12月 17日

ありがとう


みんな
本当にどうもありがとう
抱えきれないくらいの優しさを
大事に大事に抱きしめる


ことあるごとに
いちいち泣いて、笑って、大忙し
でも、それでいいじゃないか
こうやって全身で生きていけばと
少しゆったり構えられる夜


みんなに
元気をもらったからだね

f0141420_64460.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2008-12-17 06:06 |
2008年 12月 15日

契約


いつものように
朝のトレーニングが始まる
と思ったら
監督がやって来た


これから呼ばれた人は
一人ずつ別室でミーテイング
来シーズンからの契約について
2012年まで契約がある自分には関係ないはずで
人事のように聞いては
いつものようにトレーニングに集中する


なのに私、呼ばれた





何で?何で?
解雇じゃないよね....
だってまだ3年はあるし
とにかく思いつく限りの
ありとあらゆる事を思案しながら
部屋へ向かう




ーなんと

パーマネント契約を頂いた
終身雇用
定年まで保証されたってこと


なんか拍子抜け
こんなこと、予想もしていなければ
期待さえしたこともない
だって外国人だよ
月給を頂いて、生計を立てていけるというだけで
バレエを踊れるというだけで
それ以上の保証を望んだ事はなかった


監督はニコニコ笑って
君は、この保証に値する
これからも頑張って欲しいと言った


保証されたという事
実はあまり実感がない
でも、すごい事だよねと
みんなにおめでとうを言われながら思う


契約よりも
こういう形で監督と話をする機会が持てた事が
正直嬉しかった
自分が思うよりも
監督はしっかり私を見ていたことに驚く
得意な事、苦手な事
ちゃんと見てる
ちゃんと見てくれてる


そして
やっぱり笑顔で言った


真樹、自信を持ちなさい
自分に自信を持ちなさい


今までの色々な不安が
消えていくような感じ


f0141420_5391575.jpg




この契約の上に
どっしり座ってしまわないように
気持ちを引き締めて
精進していこうと思う


向き合うのは
自分だ
[PR]

by makikirjonen | 2008-12-15 05:59 |
2008年 10月 05日

再会


今日10数年ぶりに再会したのは
水戸バレエ研究所の後輩
クラスが違ったせいもあって、話した事すらなかった模様...
でも会った瞬間、”あ〜”と合点
まだ中学生だった夏ちゃんの、恥ずかしがりで控え目な姿を思い出す


再会とは言っても、初めて話したようなものだし
お姉さんのあいちゃんとは、もちろん初対面
自らを食いしん坊と呼ぶこの姉妹は
とっても仲良しさん


お土産まで頂いてしまって。。。
でも、見て見て!

f0141420_0485981.jpg


こういうの、すごく嬉しいっ
どうしましょ、何を作りましょ
妙にテンションが上がる



ちゃんと料理をする人
すなわち”食べる事”を大切にする人は
絶対に素敵な人という定義を持つ私
この二人も例外にもれず
かなり素敵


こんな再会のしかたっていいな
こういうの好きだな


帰国の際には
とりあえず美味しいものを食べましょうと
それだけはしっかり約束して別れる
やっぱりどこまでも食いしん坊


束の間の楽しい一時
優しい気持ちで一杯になる
穏やかな土曜の午後
[PR]

by makikirjonen | 2008-10-05 01:21 |
2008年 09月 13日

願う


大切な友人の誕生日は
抜けるような快晴
ただそれだけで嬉しくなる


彼女と出逢ったのは高校1年生
とにかくマイペース
無邪気なのにつかみどころがない
不思議な娘だった


私はたちまち彼女の虜になるー


卒業後、彼女はアメリカ、私はオランダへ
PCなんか普及してない時代
私達を繋いだのは手紙
私達は、本当によく手紙を書いた
時には何枚もに及ぶ長文編
元気が出る料理やお菓子のレシピまで交換したっけ
紙にこだわり、ペンにこだわり、そして切手にこだわって
私達は本当に真っすぐで純粋で
とにかく必死で戦っていた


あの大きいドアが懐かしいオランダの家
疲れた身体をやっと支えながら
ゆっくりとドアを開ける瞬間の密かな期待を思い出す
自分宛の手紙達
いつかおばあちゃんになった時
もう一度読み返してみたいと思っている


思考回路が本当によく似てる私達
いい所も、悪い所さえも
だから例えば言葉に詰まってしまったとしても
その全てを説明しなかったとしても
彼女には、私の言いたい事がちゃんと伝わる
それはもの凄いことだと思う


誰だって
ありのままの自分を受け止めてもらいたいと願うけど
彼女はどんな時だって抱きしめてくれる
例え自分が泣いていたとしても
人のことを先に思いやれる
なかなか出来ないことを
彼女はすっと出来る人だ


ふとした時に思うのは
彼女とコーヒーが飲みたい、ということ
まったりと


31回目の誕生日
彼女の幸せを
北の国から切に祈る


f0141420_5484688.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2008-09-13 06:43 |
2008年 09月 05日

開演前


開演前
カメラなんぞを持って舞台へ
普通はこんな余裕ないんですけど...
この作品は特別です(笑)


Egleと、もちろんピースをしてくれたNastia
f0141420_5461240.jpg



オランダ時代からのつき合い、Antti
f0141420_5503815.jpg



Guillemと私
この写真絶対頂戴ね!とかなり執拗に念を押す、お茶目なギエムちゃん(笑)
f0141420_552026.jpg



カレーニン役のヤルコ
将来はこんなダンデイに歳を取るのかしら〜
f0141420_555085.jpg



今日も無事に舞台終了!
[PR]

by makikirjonen | 2008-09-05 05:59 |
2008年 08月 12日

北京オリンピック


男子100m平泳ぎ


北島康介選手、金メダル


f0141420_4183211.jpg



しかも世界新記録(58秒91)...!


すごい...
凄すぎて言葉にならない



プロセスが大事だって言う人はたくさんいるけれども
僕は、結果を残したい
今の僕には、100点満点しか求められていないしね
99点は負けだから
そんな勝負ができる立場にいることが幸せかな
                     ーHPコメントより一部抜粋 



並ならぬ精神力に脱帽
強いー
彼の鮮やかな勝利に
興奮で全身に鳥肌が立った


以外にもインタビューで見せた涙は
厳しい戦いの日々を垣間見たようだった


そうだよね...
いつも強気だけど
そりゃあ想像を絶するプレッシャーだったはず
月並みの言葉しか出て来ないけど
震えるような感動に、もらい泣いた


ありがとう、北島選手!
[PR]

by makikirjonen | 2008-08-12 04:54 |