DANCING FOR DREAMS /水戸バレエ研究所、そしてフィンランド国立バレエ団へ

makijuha.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 28日

市川歌子先生

市川歌子先生が、昨晩他界された。
恩師である、故粕谷辰雄先生の奥様。
粕谷先生同様、孫のように可愛がって頂いた。

大切な人が、また一人立つ。
日本時間深夜、その頃のヘルシンキは、
小雨なのに美しい夕焼けが見えた。


f0141420_22291725.jpg



やっと粕谷先生に会えるね。
父にも挨拶をしてくれるだろう。

精一杯の感謝を、踊る事で捧げよう。
これからは、粕谷先生と2人で見守ってくれるはず。

日本との距離を感じるのは、こんな時。
私は、さようならも言いに行けない。
思い出が溢れ出す。
最後になった面会、私の顔を優しく撫でた細い手の感触が蘇る。
ずっとずっと、ものすごい力で私の手を握りしめてた。
この手に、私は沢山のことを与えてもらった。
いつか遠くないうちに必ずやってくるはずだったその日。
それは覚悟してたこと。
それでも、心が哀しみに包まれるのを止められない。

今日これからの舞台は、先生の為に踊る。
きっと観に来てるよね。


f0141420_22342930.jpg



生きて行くことは、簡単じゃない。
だからこそ精一杯、今日という日を、今という瞬間を
抱きしめるように生きて行こう。

市川先生、ありがとう。
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-28 22:55 | 水戸バレエ研究所
2007年 09月 27日

Fluke

2nd Performance ”Fluke”

無事終了〜。
最近、睡眠不足もたたって疲れ気味だったのか
舞台前の昼寝、熟睡 zzz....
起きるのが辛かった(涙)
トラムの中でも ボ〜.....
メイクしてもらってても寝そうになって(苦笑)

エスプレッソと、熱いシャワーに助けられて、何とかWAKE UP!
でも、しっかり寝たせいか、調子は良かった♪
今日は2回目の"Fluke"。
前回よりも余裕があった感じ。
1時間の作品、集中力を持続させるのも難しい。
感じは良かったけど、客観的にはどうだったんだろう?
明日、DVDを借りようっと。
自分を見るのはあまり好きじゃないけど....
でも、いい勉強!という事で、時々強制してる。


終演後、ガチガチに固められた髪をほどいて、はい、チーズ!
f0141420_5402555.jpg



さて、小雨の中帰宅すると、駐車場でこ〜んな事に!

f0141420_5413749.jpg



????
何で、こんな風に車をとめるのかしら?
って違〜う!
これ、反対側の駐車スペースに駐車してた緑のプジョーが動いちゃって
丁度向かいにあった車にぶつかったってわけ。
野次馬根性で車を降りて良く見ると、
ギアがニュートラルポジション、ハンドギアもかかってない(苦笑)
あ〜あ!


f0141420_5452562.jpg



明日の朝、ビックリだろうな...


もうすぐ12時。
舞台の後は、いつだって気持ちが高ぶって...
でも早く寝ないと、明日がきつい〜!

Good night!!!
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-27 05:52 | フィンランド国立バレエ団
2007年 09月 26日

晴れの日は、憶い麗しく

今日のヘルシンキ、快晴♫

リハーサルの間が2時間も空いていたので、ダウンタウンへお買い物。
オペラハウスから、公園を抜けて歩く。
太陽が眩しくて。
光合成、光合成(笑)


f0141420_23541449.jpg



f0141420_23543676.jpg

            オペラハウスのバルコニーから



今日は”ジゼル”の2幕が中心。
シルビイが帰ってしまって、オリビエがまとめるリハーサル。
要領が悪いので皆イライラ〜。
シルビイは、本番1週間半前にまたヘルシンキ入り。
こんなテンポでリハーサル進めて、間に合うんだろうかっ?
とりあえず、今日も無事お仕事終了!


今夜は、舞台がないのでお家でゆっくり。
ユハは学校で教えの日。
こんな時は、読書が一番!
只今、池波正太郎”鬼平犯科帳”全巻を熟読中♪
大好きな友香子姉さんからお借りしたもの。
そう言えばオランダの学校時代、新刊が出ては日本から送ってもらい...
という熱烈なファンがいたことを思い出す。
”鬼平犯科帳”と”美味しんぼ”の話で盛り上がる夜もあった程。
しばらく、オランダ時代へ想いを寄せた。
一番大変だった時、それなのに、温かい思い出達ばかり。

過去があって、今...いつだって全力疾走。
そして未来。

まだまだ走れる!



f0141420_082983.jpg

        昨日、本番前にスタジオで、 粕谷先生!!!

f0141420_010266.jpg

            アンナ♡


f0141420_0282350.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2007-09-26 00:40 |
2007年 09月 25日

Monday Performance

休み明け、月曜の本番は大抵
しかも、2回目の本番って更に難しい。
初日よりも気が抜けるのか、アドレナリン分泌もよろしくないのが常。

今日の本番は"Last July"。
月曜日、しかも2回目!

何だか落ち着かなくて、早めにオペラハウスへ。
行ったはいいけど、結局時間を持て余す羽目に(苦笑)
ウオーミングアップのクラスが始まるまで、同僚のアンナちゃんと写真撮影なんかしてしまった... 
(実はカメラを楽屋に忘れて来ちゃったので、写真はまた次回☃)


今日から、ゲストとしてロシア人のタチアナがクラスを受け持っている。
カナダナショナルバレエ学校の先生。
さすがロシア人、笑顔だけどアンシェヌマンのきつい事!
出来る出来ないは別として、私はこのきつい稽古が好き。
私の身体には、重めのトレーニングが合ってる。
しっかり稽古しないと、故障の確率も高くなるこの身体。


というわけで、舞台前もきっちり重めのバーレッスン。
それが功を奏したのか、今日は身体がよく動いた。
前回の初日の時は、地に足がついていないような感じだったけど
今日は、月曜+2回目のトラウマにも負けず、better show!


でも、まだまだ課題は山積みなのが現実。
舞台直後
”ありがとう!今日は、すごく良かった。
でもここはもっとこう出来るかしら、あそこもこうして...”

って本当に良かったのか〜?!(爆笑)
と言うわけで、すでに沢山の注意を頂きました♪
こうしてフィードバックがあるのは、本当に嬉しい。

次は、今日よりまたもう少し良くなるように!
毎日精進。
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-25 05:40 | フィンランド国立バレエ団
2007年 09月 24日

ゆるり

Day Off♡

朝の日だまり、目覚ましの音を聞かずにすむ休みの日。
意識は半分、寝返りをうってはまた微睡む。
あ〜幸せ。


昨晩の本番はマッツ・エックの”Fluke”
先生方は良かったと言ってくれたけど
自分では消化不良、稽古不足。
もっともっと出来た...はず。
地に足がついてない、そんな感じだったから。
身体の感覚と、視覚的な実態は、必ずしも一致しているわけじゃないけど
やっぱり足りない。
先シーズン、マッツに教わった事をもう一度噛みしめる。
身体のどこの部分から、その動きが始まるのか。


今日のヘルシンキ、晴れ。
数日ぶりに顔を見せた太陽に、気持ちも和む。
色づく木々に、秋を肌で感じながら、ゆるりとお散歩。
疲労した筋肉、重い身体も、少しずつ目覚めていくのが分かる。


f0141420_3552512.jpg




こんな芸術的な葉っぱも発見
f0141420_40236.jpg




ナス♡
f0141420_41878.jpg




疲れたときに大切なのは、食べる事!
少し早めの夕ご飯は、いつもより時間をかけてクッキング。
海鮮と野菜たっぷりの中華料理。


ゆるり、日曜日。
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-24 04:09 |
2007年 09月 22日

初日

"Last July (Viime Heinäkuu)"の初日終了!

夏休み明け、しばらく立ってなかった舞台はやっぱり新鮮。
この空気が好きだ。

この作品、よく意味が分からないので
踊るのが難しい。
動きも、あまり好きじゃないし、ステップが音楽的じゃないのが一番やりにくい所。
実は途中で、ズボンのチャックが開いちゃって(苦笑)
全神経がチャックに集中してた・・・
開いただけで、滑り落ちなかったから良かったけど!
全体的に、無難にこなした...という感じ。
この作品は、あと3回踊る予定。
時々、こういう作品も踊らなきゃいけないことがある。
踊りにくくても、自分なりに少しでも良くして行けたらいいんだけど。

明日はマッツエック(Mats Ek)の”Fluke”を踊る。
練習不足なので少々心配だけど、こちらは気合いで。
この作品は、目指す所がはっきりしているから挑戦あるのみ。
身体の限界に挑む、120%!
今シーズン初の本番終了、体調良好!
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-22 03:47 | フィンランド国立バレエ団
2007年 09月 21日

こけた〜

今日も変わらず踊り漬け。

11時半からジェネラルリハーサルスタート。
駄目だしの後、休憩なしでジゼルのリハーサルに遅れて参加。

こけた〜

ただ走ってただけなのに... (ヒラリオンを追いかけて〜)
スタジオの床、滑るんだな最近。
どうやって転んだか分からないけど、180度景色が見えた(笑)
ピアニストもストップ、皆 はっ!って。

シルビイもビックリ☃

左膝と、右肘直撃。
でも打っただけで、大事には至らず。
気をつけなきゃ。。。


外は、秋晴れ。
葉っぱも色づいて。

f0141420_4394278.jpg



明日でシルビイとのリハーサルも終わり。
そして、今シーズンの舞台が始まる。
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-21 04:46 | フィンランド国立バレエ団
2007年 09月 20日

One of the evening

朝は雨模様だったのに☂

午後から晴れた☀


やっぱり気持ちが軽くなる。
青空の魔法。


最近、ユハとすれ違いの生活!
この1ヶ月、病気の先生の代行で、
バレエ学校最終学年のクラスも受け持っているため
ウィークデーは、毎日帰りが遅い。
久々の一人の時間は、実はとても有意義だったりするんだけど(笑)

6時に帰宅すると、愛犬ナスのあつ〜いお出迎え♡
しばらくボールで一緒に遊んであげるのが最近の日課。
夕食の支度をして一息ついたら、外の空気が吸いたくなった!
疲れてるはずなのに、なんだか今日はハイテンション?!

ユハもクラスが終わる時間だったので、お迎えも兼ねて
ナスと一緒にオペラハウスまでお散歩に出る事に。
(帰りは車でスイスイ♪)
自宅からオペラハウスは、約2km。


f0141420_544963.jpg

                           フィンエアースタジアム


フィンエアースタジアム、オリンピックスタジアムを抜けて歩く。
サッカーの試合が行われていて、しばし観戦♪
平和な国。



夜の空気はひんやり。
”考え事”は、歩きながらが一番いい。
一日の終わり。
頭も、身体もリラックス。
明日は、本番前のラストリハーサル。
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-20 05:33 |
2007年 09月 19日

雨・火曜日

今日のヘルシンキ、雨☂

朝の稽古を早めに切り上げて舞台へ。
舞台では、Last Julyのリハーサル。

今日初めて”パ・ド・トロワ”(3人で踊る)を通した。
その後すぐに、これまた初めてのランスルー(通し稽古)。

舞台上で、

”What comes next???(次、何???)”

の連発!

出来はもちろん思わしくない、だって目が泳いでたし(苦笑)
分からない所が分かった... 
という事で、今日の所はよしとしなければ!
デュエットやソロよりも、群舞で動く所がよく分かってなかったらしい。
舞台で通すのは、本番前にあと2回。
とりあえず何とかなりそう、かな。

その後は、スタジオで駄目だし。
休憩なしで、ジゼルのリハーサルに参加。
今日は第2幕、ヒラリオンのシーン。
皆は、午前中に習った事の復習... 私は、1からステップを習うことに。
実は覚えが悪い私、後から覚えるのは更に苦手。
シルビイは、以外にも根気よくつき合ってくれたのには驚き。
何度も踊ってみせてくれたので、なんとかステップは記憶されたみたい。
でも、今夜もう一度復習しないと、明日には忘れちゃいそう。

明日は、朝から舞台でマッツエック”Fluke”の通し稽古、衣装付き。
こちらの作品も、先シーズン以来一度も通してないっ。

あ〜大丈夫なんだろうか。
身体も痛いけど、脳みそがウニ状態。
メモリーステイックでもあるといいんだけどな、作品ごとの。

まだ火曜日。
今週を乗り切れば、少しは落ち着くはず。
よ〜し!
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-19 00:48 | フィンランド国立バレエ団
2007年 09月 18日

シルビイ・ギエム


シルビイ・ギエムがやって来た!        (Sylvie Guillem)


”ミルタ”の稽古は、午後3時半から1時間半。
Last Julyのリハーサルが舞台だったため、走ってスタジオに移動。
(舞台は1階、スタジオは5階)
汗だくのまま、着替える間もなくとりあえずトウシューズを履く。

世界のスター登場!
Tシャツにスウェットパンツなのに、かっこいい♪
彼女とは、2000年の”ジゼル”パリツアーの時に、コールドバレエ(群舞)として
一緒にリハーサルしたことがあったけど、ソロのパートは初めて。

まずは、新しく振り付けを変更するというパートから始まった。
”like this/こんな風に!” 
といってやって見せてくれるのが、圧巻...
リハーサルは和やかに進む。



f0141420_52269.jpg




そしてついに... 一人ずつ〜

じっとダンサーを見つめるシルビイ。
的確に注意をして行く。
何と私の順番は最後〜。
自分の前に踊った3人の注意点も改善すべく、脳みそフル回転。
緊張した...

何とか踊った私に、
スタスタと歩み寄った彼女。
両手で、ほっぺを挟み込むと.... ふにゃふにゃ。。。
心臓が、3倍くらい速く打ってたのは言うまでもない〜。


ミルタは、意地の悪い、嫌な女ではない。
ミルタは、妖精じゃない。
ミルタは人間、人間の女性... 踊る事と、男性が好きな.... 笑
フェミネントであること、出来るだけ柔らかく、そして軽く。


私は、眉間にしわが寄っていたらしい。
表情も大事。
出来れば、笑みを浮かべて欲しいと言われた!
それでほっぺを挟まれたというわけ☆


ステップの意味を細かく説明する彼女。
自分なりのイメージを膨らませて欲しいとの指導。
一日中、地面の奥深くに潜んでいるウィリー。
夜とともに地上に這い上がる。
私達が朝目覚めた時のように、ゆっくり、一つ一つを、そのすべてを確認していく。
森の様子を、その気候を、そして自分自身を。
それが最初の登場の部分。


"Is it difficult/難しい?”と聞いて、自ら動くシルビイ。
彼女がやると、何でも簡単に見えるからすごい。
舞台で踊れても、踊れなくても、このリハーサルだけで満足という感じ!
(そりゃあ踊れた方がいいけどっ  笑)


f0141420_5201011.jpg




すごい体験をさせてもらって、本当に幸せ!
[PR]

by makikirjonen | 2007-09-18 05:24 | フィンランド国立バレエ団