DANCING FOR DREAMS /水戸バレエ研究所、そしてフィンランド国立バレエ団へ

makijuha.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

愛すべき

天気が悪い...
ど〜んより☁

変わりのない一日なのに、
テンションが上がらない。

弾まない心のまま帰宅、
ドアを開ける。

外が嵐だって
氷点下、凍るような風が吹き抜ける日だって
貴方はいつも同じ。

しっぽはブンブン、お尻までふって
愛情たっぷり。
心が急激に癒されていく、この愛すべき生きもの。

ご主人様は学校で教えの為留守。
寂しいのか、家の中を移動する度に、
私の後をついて回る。

キッチンで洗い物。
でも、貴方がそうやって居ると
邪魔なんですけど...

f0141420_6485974.jpg



しばらくブラッシングしてないことに気がついて、
心を決めた。
ヘアリーな貴方をブラッシングするのは
肉体労働ですから。

40分後...

f0141420_652545.jpg


利き腕の右でしかブラッシング出来ない私。
右腕が痛い...

でも、すごいでしょこの量!

f0141420_6534785.jpg



フサフサの貴方、
色男です♡


愛すべき...
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-31 06:55 |
2007年 10月 30日

浮き世の仕組み

鬼平犯科帳、熟読中☆

只今、第15巻に突入。
鬼の平蔵こと、長谷川平蔵、


素敵♡



人が何か仕出かすことは
必ず、何らかの結果をまねくことなのだ
当たり前のことだがね



と、平蔵は親友の岸井左馬之助にいう。
なれど、


その当たり前のことを
人という生きものは
なかなかに、のみこめぬものなのさ。
このおれもそうだが・・・



しかし、そのあとに続くのは、


のみこめていりゃあ
人の苦労もねえわけだが・・・



とわざと伝法な口調であり


そのかわり、
つまらねえ世の中になってしまうだろうよ




人という生きものは とか
女という生きものは とか
平蔵はよく言う。

人という生きものを、
深くひろく見ることの出来る、その目と、その勘。

そんな魅力にずるずると引きずられて
本を閉じることの出来ない私。

浮き世の仕組みを憶う。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-30 03:41 |
2007年 10月 29日

Day OFF 2

休暇2日目。
今日から、冬時間。
1時間、時間が戻る。

たったの1時間なのにね、
何だか得したような気分になった。

これで、日本との時差は7時間。

コンデイションをキープするために
今日は泳ぎに行く事に。
部屋着のまま、車に乗り込んでGO!


f0141420_5185972.jpg



実は、泳ぐのではなくて
Water running。
水中歩行ってやつですか。
ユハと話しながら、40分、プールを行ったり来たり〜。
その後は、温度の高めのプールで水中エクササイズ。
もちろん、最後はサウナに入って終了。

爽快♪

何の計画もない休み。
”特に何もしないこと” が、ほどよくいい感じ。
ゆっくりコーヒー飲みながら、新聞を広げたりする時間が優雅。

日本の皆は、どうしてるかな...
想いを馳せる午後もゆったり。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-29 05:40 |
2007年 10月 28日

ストレス発散

今日から3日のオフ。
本当は、ラッペーンランタ(Lappeenranta)へ行く予定でしたが
同僚のお父様の具合が思わしくないため急遽中止に。

お天気もどんより、時々小雨。
という訳で、お買い物に!
久しぶりに隣町、ヴァンター(Vantaa)へ。

買い物と言っても
今日のお目当ては、日用品。
キッチン用品、電化製品、家具に至るまで、
一カ所で色々見れる大型店。


ユハはもちろん...


f0141420_5433010.jpg



売り物をチューニングして
ついでに自分の曲を弾いてた。
お客さんも、みんな微笑んで通り過ぎていく。
そのうち歌いだすんじゃないかと思った(笑)


紙ナプキンや、ろうそく、ついでにフライパンも購入。
イーッタラ(Iittala)の可愛い食器達を横目で見過ごし
フラットテレビを物色、スピーカーもチェック。
最近フィンランドで放映された、”となりのトトロ”のDVDもゲット。
(日本語で、フィンランド語の字幕!)
勢いで、こんなものまで購入〜。


f0141420_5475321.jpg



これ、欲しかったんだな。
とりあえず、明日の朝はバナナジュースだ〜♪


結局3時間も物色。
細々買い込んで、お値段もなかなか。

でも、気分爽快〜
ストレス発散には、これが一番。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-28 06:05 |
2007年 10月 27日

葉書

大の手紙好き。

インターネットが普及して、便利な世の中になった分
もっと手紙が好きになった。
実は、手紙魔だったりする。
紙を選んで、その人を想って書く、
その時間が好き。
旅先から出す葉書も特別。


そんな今日、葉書が届いた。

2年前、兵庫のお仕事で一緒になった通訳さん。
ほわっとしてて、優しくて、でも頼りになって。
本当に素敵な人。
心遣いも、さらっと自然で温かい。
だから彼女と居ると、とてもとても優しい気持ちになった。
そんな彼女からの葉書は、
やっぱり優しくて、温かくて。
幸せがこぼれ落ちるような文面に
私まで幸せになる。

ありがとう。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-27 02:08 |
2007年 10月 26日

批評

ジゼルの批評、出ました。
作品についても、踊り手についても、なかなか好評☆


f0141420_5353693.jpg



訳してみると、こんな感じ。

Both cast, we can see excellent Myrtha performers.
(両方のキャストで、非常に優れたミルタを観る事が出来た。)
First cast, charming Maki Kirjonen with light jump....
(ファーストキャスト、魅力的で、軽い跳躍の真樹キリヨネン....)



辛口なおばさん批評家の、アウリ・ラサネン。
彼女にしては、えらくポジテイブな批評。
1幕でペザントパ・ドウ・ドウを踊った、ファーストキャストの男の子のみ、
実力を出し切れなかったとの酷評。

こういう評が出ちゃうと、精神的にやりにくくなる。
気にしないって言ってもね、なかなか。

フィンランドの新聞たる新聞は、
このヘルシンキサノマット(Helsingin Sanomat)のみ。
フィンランド中の人が読むってわけ。


ほっとしてる私。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-26 05:52 | フィンランド国立バレエ団
2007年 10月 25日

2回目

今日はジゼル、2回目の本番。

気持ちが楽〜♡

もちろん、緊張感はあるけれど
変なプレッシャーがないだけ、かなり精神的に楽。
普段通りに...
そんな舞台だった。

注意された所は、良くなっていただろうか。
明日、DVDで確認。

舞台の後は、アドレナリンが出っぱなし。
興奮が冷めるまで、眠る気になれない。
翌朝起きるのが、大変になるの分かってても
ぼ〜っと起きてる。

どう踊ったか、思い出しては分析する。
うなずいたり、溜息ついたり、
一人で七変化。

でも、一日で一番ほっとする時間。
ワインが、ゆっくり身体に沁みていく。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-25 05:22 |
2007年 10月 24日

いつもの

ヘルシンキ、冬晴れ。

朝晩は、もうマイナス!
草は、霜が降りて真っ白に。

ヘルシンキご訪問予定の皆様、
防寒はしっかり♪
まだ11月ですが、
”水戸の真冬”だと思ってもらえれば丁度いいかと(笑)

日もだんだん短くなる。
冬は、確実にやって来る。


f0141420_144286.jpg



マイナス20℃対応のナスには、快適な日々。
愛らしい寝顔に、思わずパチリ♡


f0141420_1575248.jpg



今日は、ジゼルを含む3作品のリハーサル。
大分絞られて、足はお疲れ...
明日はジゼルの本番、私のキャスト。

要・お風呂♨

ありきたりの日。
平凡、
平穏、 
痛、
疲、
笑。

いい感じ。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-24 02:09 |
2007年 10月 23日

夜のお散歩

月曜日、またいつもの毎日が始まる。
ヘルシンキ、天気はいいけど
朝晩、めっきり冷え込むようになった。

今日から、次のプログラムのリハーサル開始。
キリアンの"Petit Mort(Small death)"。
大好きな作品の一つ。
キリアンの作品は、いつも本当に楽しい。

のんびりした一日。
緊張感のないこの感じが、かなり心地よくて...


ナスと夜のお散歩は、足を伸ばしてオペラハウス方面へ。
実は今日、”ジゼル”セカンドキャストの初日。
土曜の今頃の自分を思い出して、またちょっと緊張したりする(笑)

湖の周り(本当は海なんだけど)を一周した。

f0141420_5124675.jpg

                                                              

f0141420_5251529.jpg

                                                             オペラハウス

f0141420_513426.jpg

                                                                   電車!

f0141420_5153811.jpg
   
                                                    古い建物、昼間はカフェ                                                                      
                                                      

散歩道になっていて、
驚くほど沢山の人が夜の散歩を楽しんでいる。
いつも歩かない道は、新鮮!
ナスも御機嫌〜。


f0141420_517296.jpg



湖を一周すると、
ガラス張りのオペラハウスフォイエに沢山の人が見える。
今、休憩、そのあと第2幕。

みんな頑張れ〜 

夜道を歩く足取りが軽い。
[PR]

by makikirjonen | 2007-10-23 05:28 |
2007年 10月 21日

Giselle

満席の観客、拍手の嵐。
眩しいスポットライトを浴びながら、
感謝の気持ちを込めて、深く頭を下げた。

すべての苦労が、苦痛が、リセットされてしまう魔法。
感動の瞬間、至福のとき。
生きていることを、確認出来る。
私の生きる場所。


f0141420_22162490.jpg



終演後、シルヴィから最後の注意を受ける。
色々な注意を受けた後で

"The direction was right. Was good"

ウィンクされた〜。

大きな肩の荷が降りたような感じ。
思わず笑顔に(溜息)


実際、課題はまだまだ沢山!
自分でも、もっと出来たと思う箇所をあげたらきりがない。
色んなハプニングもあった本番だけど、
最後まで、fight出来たとは思う。



f0141420_22241768.jpg

              終演後、ファゴット奏者のYASUKOさんと!



監督、先生、同僚、皆が祝福してくれた。
好評でよかった...
また溜息が出る、本当に気を張っていた私(苦笑)

温かい言葉が、心にしみる。
Toi-Toiプレゼントも、こんなに頂きました!

みんなありがとう!


f0141420_2226583.jpg




シルヴィから学んだ事を、改めて噛みしめる。
決して楽ではなかったけど、
本当に貴重な、素晴らしい体験。

これから毎回の舞台を
少しでもよいものにしていこうと思う。



また、宝物が増えた。




ジゼル開幕。
f0141420_22353677.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2007-10-21 22:46 | フィンランド国立バレエ団