DANCING FOR DREAMS /水戸バレエ研究所、そしてフィンランド国立バレエ団へ

makijuha.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 28日

Singapore


Singapore!

Last night we have arrived.
Here it is so hot!

I'll answer all of you when I'll be back in Helsinki.
Thank you for visiting me!!!

Greetings from Singapore

Maki
[PR]

by makikirjonen | 2009-05-28 13:38 | フィンランド国立バレエ団
2009年 05月 26日

空へ


シンガポールツアー開始
これで今シーズンが終了


これから空港へ
長いフライトは大変だけど
嫌いじゃない


色んな人の
色んな想いが交錯する場所
そんな空港の雰囲気は
非日常で、とても好きだ


さあ
どんなことに出逢えるだろう

f0141420_1927176.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-05-26 19:32 | フィンランド国立バレエ団
2009年 05月 26日

野外ステージ 〜本番編〜


同僚で、写真を勉強中の友人が
本番の写真を撮っていてくれた!
ありがとう、スラバ!


Lost Painting

f0141420_243036.jpg
f0141420_251361.jpg



Fluke

f0141420_26439.jpg
f0141420_27231.jpg
f0141420_272334.jpg
f0141420_274139.jpg
f0141420_28191.jpg
f0141420_284645.jpg
f0141420_29433.jpg
f0141420_294959.jpg



昨日の事だというのに!
凄い時代になったもんだ(笑)
[PR]

by makikirjonen | 2009-05-26 02:12 | フィンランド国立バレエ団
2009年 05月 26日

野外ステージ 


今シーズン
ヘルシンキでの最後の仕事は
中心街での宣伝公演

f0141420_0572841.jpg


ここが満席に!
f0141420_05863.jpg
f0141420_0592268.jpg



リハーサル風景
太陽がかげって来るとやっぱり寒い...

f0141420_105862.jpg

f0141420_143248.jpg



舞台の隣にある大きなスクリーンには
日常の稽古や、本番の様子も映し出されてた
その編集の仕方が素敵でびっくり

f0141420_171973.jpg



こちらは楽屋
テントを張ってある
衣裳さん、メイクさんにヘアーさんまで
移動式のバーや
暖房設備まであったから凄い!

f0141420_1581186.jpg

f0141420_1595192.jpg


この懐かしい衣裳は
7th Symphony
f0141420_204398.jpg



開演3時には
本当に沢山の人が!
人気芸能人が司会としてトークを担い
かなり盛り上がっていた


約1時間半の舞台
私は3つの作品を踊った
前に踊ったと言っても、もう大分時間が経っている...
練習も、1、2回
ほとんど振付け確認のようなリハーサル(苦笑)
という訳で、ベストではなかったものの
外で踊るのは、気持ちがよかったなあ
また宣伝として
ものすごく良い企画だったと思う


新監督、次から次へと頑張っている
どんな風に実がなって行くのだろうか
少しでも多くの人に興味を持ってもらえたら
オペラハウスに足を運んでもらえたら、と思う


シーズン終了までカウントダウン
明日からは
シンガポールツアー
[PR]

by makikirjonen | 2009-05-26 01:21 | フィンランド国立バレエ団
2009年 05月 23日

うらはらに


緑が眩しい
光が眩しい
空を飛ぶかもめ達さえも
気持ち良さそうに見える


外の世界の美しさとは対照的に
何だか尖ってる自分
歪んで見えるすべて
例えばいつもは気にならないような同僚の言動に
例えばいつもは流せてしまうような出来事に
大幅に揺さぶられては引きずられ


幸せも不幸も
感じるのは自分の心
心さえ萎えなければ
どんな事も必ず乗り越えられる 


だから
この萎えてる心は厄介だなあと思いつつ
しゃっきり拭い去れずにいて
一見、平和に静かに過ぎて行く毎日の中
尖ったままで笑ったりしてる
ちぐはぐな自分


f0141420_15181991.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-05-23 15:19 |
2009年 05月 21日

迷いの中で


ふと目にした言葉が
すっと心に沁みる


Don't make the right choices,
make the choices right.


シンプルなこと
大人になると
そんな事が一番難しくなっていたりするな


f0141420_2058417.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-05-21 21:13 |
2009年 05月 20日

踊る


La Bayadere (ラ・バヤデール)
稽古開始


来シーズンの為のリハーサル
8月末、この作品で幕が開く
前回と同様ナタリア・マカロワ版
5年ぶりになる


アメリカからアシスタントを招いてのリハーサル
当たり前だが、厳しい
マカロワ本人が来るのは8月
それまでに出来るだけ多くのパートの振り付けを教えるという訳
今回は初めてGamzatti(ガムザッテイ)にエントリー
候補が多い中、実際に踊れるかどうかは未定
という訳で、毎回のリハーサルはオーデイション状態
一見和やかだか、張りつめた空気
すべき事は変わらないとしても
気分の良いものであるはずがない
やるしか、ないのだけど


先週のリハーサルは最終章
寺院でソロルとガムザッティの結婚式が行われる第3幕
ニキヤの幻影が現れ
混乱するソロルに、詰め寄るガムザッテイ
そしてまた自分も
ソロルの愛を得たいが為にニキヤを陥れ
死に至らしめた罪を責められるシーン


美しいメロデイが
どうしようもないくらいドラマチックに展開していく
ニキヤの哀しみ、ガムザッテイの執念、ソロルの悔恨の念
絡み合った糸は、もうほどく術がない
その哀しく美しい音色に同調するように
怒りや、絶望や、祈りを表現する
時には、ただ走ることで
また、差し出すその手だけで



ー 演じるということ


自分がしたいのはこれだ
リハーサルをしながら痛感していた
無機質なもの、テクニックを見せるもの
それは違った意味で楽しい
どんな分野の作品も、踊ることは楽しい
でもそれだけじゃない
それだけじゃ足りない


伝えたい
何かを、伝えたい


そのために
舞台に立ち続けているんじゃないか
言葉にした途端
色褪せてしまいそうな激しい想いを
そっと抱きしめる


f0141420_1171390.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-05-20 01:36 |
2009年 05月 16日

おもふ


午後10時半
やっと空の青が深くなる
どんどん深くなるその青の色
心に沁みる美しさ


手袋なしで自転車に乗れる日が増えたこと
もうジャケットの下にセーターを着なくても大丈夫なこと
そして何より道行く人の表情が明るくなったこと


春がやって来た


一日の終わり
まだ水色の空を見上げながら
ワインを片手にぼんやりする
恐いくらいに静かで
今晩は、それがまた妙に心地よい


春という季節の思い出が
浮かんでは消え
この季節の思い出達は
どれも強烈だ


大きさの違う車輪で
必死に前へ進もうとしてるみたいな日々は
穏やかでいて息苦しい
すべては本物であり
同時に虚像のようでもあり
頼れるのは、信じるのは
自分だー


それでも誰かの
ひょんな笑顔に救われ
ちょっとした一言に励まされ


助けられながら
懸命に生きる
そして明日を
必死に抱きしめる


それでいいじゃないか


f0141420_4402586.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-05-16 04:44 |
2009年 05月 11日

舞台裏


じゃじゃ馬馴らし
初日、2日目と無事に終了
観客の反応も想像以上
監督も上機嫌


時代遅れな作品も
こちらが信じて全力投球すれば
息を吹き返す、という訳か
舞台は、魔法だものね


舞台裏は
かなりリラックスモード

f0141420_19502452.jpg

f0141420_19505256.jpg
f0141420_19511356.jpg


ウオームアップはいいんですか〜?
f0141420_19513343.jpg


出番まであと30分
f0141420_19515229.jpg



そしてプレミアパーテイ
監督のダンスのお相手は
作品をセットアップした、ジョゼット
なんと82歳、バリバリの現役!
5年ほど前に、オネーギンの為にやって来た彼女
その時と変わっていないのだから
驚きを通り越して、少々恐くなるほど
その辛辣な言動も相変わらず健在
ダンサーだけでなく、監督、バレエマスター、レペテイーター
指揮者に、オーケストラ、予定を組むスタッフまでお怒りになり
今回も、全員がかなりの勢いで振り回されましたが
終わりよければすべてよし
彼女も始終ご機嫌な様子


f0141420_19563125.jpg

f0141420_2052838.jpg



ピンヒールで結構激しく踊ってる姿には
さすがにビックリ
そして監督、お姫様抱っこまでサービス
少女のようにはしゃぐジョゼット
ああ、生涯”女”でいることが
あの若さとシャープさの秘密なのかも... 
彼女の一存で
クランコ作品の上演の有無が決まる訳で
未来の為にも、機嫌を損ねる訳にはいかない監督
監督業も楽じゃないのね、としみじみ


そんな模様を尻目に
とにかく食べることに集中していた
ウンジーちゃんと私
デザートまで完食
満足した所で記念撮影

f0141420_20134141.jpg


ピースしてないよ!
と駄目だしが出たのでもう一枚
f0141420_20131240.jpg



また一つ、終わった
[PR]

by makikirjonen | 2009-05-11 21:08 | フィンランド国立バレエ団
2009年 05月 09日

母の日


いつもありがとう
月並みだけど
たくさんのありがとう


大切に大切に
大きくしてもらったこと
いつも、どんなときも変わらぬ愛を
深い深い愛を
ありがとう


ママの幸せを
いつもいつも祈っています



f0141420_2254875.jpg

[PR]

by makikirjonen | 2009-05-09 22:06 |